工場の仕事で腱鞘炎になってしまい、治療に困った方もいると思います。

ある程度大きな会社では職場内で起こったこととして適切な管理がされていないと労働基準監督署などから注意されますし、職場などで腱鞘炎にかかった場合、健康保険ではなく労災保険で行うのが一般的です。この場合かかる治療代は無料です。ですが仕事で迷惑をかけたくない人もいますし、職場などで仕事の仕方の融通を相談できる方、もしくは対処をしてくれるような理解のある上司に一度、仕事のローテーションをお願いしたらいかがでしょうか。

腱鞘炎は繰り返して同じ作業をするとなりやすいからです。同じところの筋肉をずっと使っていればそこばかりに集中して負担がかかるため、筋肉が炎症を起こして疲労困憊してしまうからです。そしてうまく動かせなくなってしまいます。これを避けるためには同じ作業をずっとやるのではなくローテーションして行える作業をすると、筋肉が1か所だけで使われることなく掌全体的にいくようになり、結果的に手への負担が少なくなります。

また赴任したばかりの新入社員は特に工場での慣れない研修で手を痛めやすいので、こういった場合は、遠慮なく職場の上司に相談するのが適切です。怠けていると思われたくない、と放置しておいて治療が必要となり上司に相談せず病院などで打ち明けた場合、会社が労働基準監督署などから注意される場合があるからです。仕事などで怪我した場合、遠慮なく申告することで職場環境が良くなるケースもあります。まずは上司にやりにくい作業を打ち上げてはいかがでしょうか

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *