腱鞘炎は、昔であれば手などを酷使する仕事などをしている方がかかるものであるといった認識がありましたが、現在では多くの方が患っている症状のひとつであると言えます。

一般的に腱鞘炎とは、指を始め、手首などに炎症を起こし、それらを動かす事が困難になる症状を指します。特に親指や手首などに炎症を起こし、痛みを訴えるといった方が多い傾向にあると言えます。その他にも、指の関節部分に炎症を起こす事により、指自体が歪曲してしまうといった症状もあり、注意が必要であると言えます。腱鞘炎を発症する主な原因としては、長時間、同一の作業を繰り返す事により起こる、手の酷使にあります。

これにより、手を使っての作業全般、例えば掴む、捻る、押す、持つなどといった単純動作を行う場合に手に痛みが生じ、症状が悪化するにつれて、箸を持つ事や字を書く事などといった事が困難になってしまいます。治療方法としては、第一に安静にする事が基本です。これはその原因として、手の酷使からくる疲労が関係している為、出来るだけそれ以上に手を酷使しない事が重要になってきます。

その他の治療方法としては、湿布や鎮痛剤などで症状の回復や痛みを和らげる事が必要になります。鎮痛剤に関しては、医師の処方の元、薬局などで購入する事になりますが、湿布は医師が処方するものを始め、ドラッグストアなどで販売されているものであっても問題はありません。

更に別の治療方法としては、腱鞘切開術といった外科手術もあります。これは症状が重篤な場合などに整形外科にて行われますが、比較的体への負担も少なく、日帰りで帰れるといった手軽な手術だと言えます。
治験のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *