腱鞘炎の痛みを和らげるためには、まずは動かさないことが大切です。

使い過ぎてしまって無理が必要以上にかかってしまっていたことが原因ですからまずは安静にして、腫れがある場合はしっかりと冷やしてあげることが大切です。初期の段階の治療では動かさないようにテーピングやサポーターで固定してあげるのがよいのですが、長期間固定した状態が続くと、血行が悪くなってしまったり、周囲の筋肉が固まってしまう恐れがあります。

そうなると今度は逆に治りが悪くなってしまう可能性がでてきてしまいます。そうなると腱鞘炎からの回復が遅くなってしまうことも考えられるのです。ですから腱鞘炎の初期の段階の治療では冷やして動かさないようにすることが重要ですが、ある程度落ち着いてきたら無理のない範囲でストレッチをして動かしてあげることが大切になります。

ストレッチをすると患部の血流がよくなるので、回復を早めてくれる効果が期待できます。また手や手首を酷使している人が行えば腱鞘炎の予防にもなりますので、毎日やってあげるとよいでしょう。腱鞘炎の治療に効果が期待できるストレッチのやり方は、腕を前にまっすぐに伸ばして、手を開いたり閉じたりを繰り返します。

手をグーパーするだけなので簡単にできます。手首のストレッチも腕を前に伸ばして、手首を内側にひねってそのまま少しキープして、次に外側にひねって同じく少しの間キープします。ストレッチはあくまでも痛みのない無理のない範囲で行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *