腱鞘炎は、普通の生活をしていても誰にでも起こり得る身近な病気のひとつであると言えます。

そしてそれ故に、適切な治療方法などを理解しておく事により、重症化せずに症状を改善へと導く事も可能になるのだと言えます。ここではそんな腱鞘炎の治療方法について、解説していきます。まず腱鞘炎とは、どういったものかと言うと、その名の如く、体に存在する腱の周囲にある腱鞘といった部位に炎症が起きてしまう病気です。特に手にこの症状が出やすい傾向にあり、例えば手作業を主に行うといった生活を送っている方や、更には乳児などがいる家庭で、子育て中の奥様などにもこの症状が現れやすいと言えます。

腱鞘炎を引き起こしてしまうと、その炎症を起こしている部位に激しい痛みが生じる事が挙げられます。その為、その痛みを鎮めるといった事が重要になり、まずは患部を安静にして、出来るだけ動かさないなどといった事でも自然治癒する事が可能だと言えます。しかし手の場合には、場所が場所だけに、安静にするというのは難しいと言えます。この場合の治療方法としては、まずは炎症が出ている患部を冷やす事が必要になります。

この場合には患部が腫れあがっていて、更には熱を帯びているといった事が多い為に、そこを冷却する必要が出てきます。次に、前述した通り、患部を動かさない為にサポーターなどで固定します。一般的な市販されているものでも問題はありませんが、より強い固定が必要な場合にはテーピングによる固定も効果的だと言えます。

次に、患部を温めます。これは腫れが引いた後には、再度血流を高める必要がある為であり、これにより早期の改善が見込めるからです。これらの方法により、まずは自分で治療を行い、およそ一週間様子を見ます。そしてそれでも改善しない場合には、整形外科を受診して医師の診断を仰ぐといった事となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *