治験に参加したいと考えている人もいるかもしれません。

治験はまだ承認されていない薬を服用する一種の研究であり、既存の薬とは異なって効果が十分でなかったり、副作用が強く出てしまったりすることももちろんあります。その意味では決して万人に勧められるものではありません。一方で、既存の薬の効果に満足できていない人もいることでしょう。

疾患によっては既存の薬と呼べるものがほとんどないという場合もあります。そういう患者さんにとっては治験は頼みの綱になるかもしれません。また、基本的にはボランティアであって特に謝礼と呼べるほどのお金が支払われることはないものの、交通費程度のお金が出ることは普通です。また、検査費などの窓口負担が少なくなることもあります。このような治験に参加したい場合、最も分かりやすい方法が主治医に問い合わせてみることです。

おそらく、その主治医の先生が担当しているものがあれば教えてくれるでしょう。こちらから問い合わせるまでもなく先生の方から話を持ちかけられるかもしれません。先生に話すのはちょっとという場合、看護師に聞いてみるというのも手です。また、大きな病院の場合、治験の問い合わせ窓口が設置されていることもありますから、もし設置されているようであれば直接そこに相談するのも良いでしょう。また、最近ではインターネット上で情報が公開されていることもありますから、インターネットで検索するというのも一つの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *