治験とは医療業界の専門用語です。

新しく出来た薬や治療方法を実際に病気の状態の患者に投与する前に、試しに使って問題が無いかを確認することです。事前に人間や動物に薬を投与して確認します。もし試しに投与して何らかの副作用が起こるなど薬が正常に作用しないということがわかれば、その薬は使えない物として捨てられます。その後、改良し新しい薬を作ります。

そしてまたそれを試しに使って問題無いか確認することになります。薬を投与して患者の体に悪影響を与えたという場合には、事前にその作用を確認する段階において問題があったということもあります。薬の治験を行う対象として、公に募集されるということもあります。治験モニターと言われています。アルバイトの様なもので、引き受けると報酬がもらえます。報酬は労働をする様なアルバイトと比べると割合高いと言えそうです。また労働をするアルバイトに比べて、時間が取られないというメリットもあります。

ただし、100%体に安全という保障が無いということは言えるかもしれません。ただ引き受ける前に細かい説明などを把握することは出来ますし、最低限の身の保証はある様です。いずれにしても、治験は世の中に薬が出回る前に試しに投与してみるということでとても重要なことと言えるはずです。薬を服用する前に済んでいる物か把握したり、治験を引き受けるなら身の安全に対する意識を持っておいたりすることが大切なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *