治験バイトを行う場合には、登録説明会に参加することになるのが通常です。

登録説明会は、治験を行っている団体や組織の公式ホームページで確認できる他、アルバイト雑誌でもある場合があります。説明会では、治験の概要・リスクや注意点・報酬や待遇などについての説明されるのが一般的です。登録説明会では、分からないことや不安なことがあれば担当に質問をすることができます。

もちろん、登録説明会に参加した後、アルバイトを行うのかは自分の自由意思により決めることが可能です。いざ治験バイトをしようと考えたら、インターネット経由か電話で参加を申し込むことになります。アルバイトは、参加条件や募集人数の制限などがあるため、働くことができない場合もあるでしょう。選考の結果選ばれたら、事前検診というものを行い、臨床試験を実際に行っても大丈夫かを判断されます。事前検診の結果を踏まえて、アルバイトできるかのお知らせ来ることに。

アルバイトに合格した場合には、試験日や開催場所を確認して臨床試験に挑みます。治験当日には改めて検診が行われ、体重・身長・血圧などを確認されることになるでしょう。検診に問題が無ければ、アルバイトを正式に行うことになり、現場にいる人の指示のもと行動することに。アルバイトは、当日終わる場合もあれば入院する場合もありますが、それは試験内容により異なるのでなんとも言えません。またアルバイトをしたい場合には、再度申し込みすることが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *