医薬品や治療用の機械など、医療の分野で用いられる製品には使用上の効果に加え、高い安全性が求められます。

そのため、市場に出回る前にはさまざまな試験が行われます。その中には当然ながら、生身の人間を対象としたものもあります。そうした試験のことを、一般に臨床試験といいます。この臨床試験のうち最終段階に当たるもの、すなわち国の承認を得るのに必要なデータを取得する等の目的で行われる試験のことを、治験と呼んでいます。新薬などはこの治験を経ることで初めて世に出て、病気に苦しむ人たちの役に立てるようになるので、治験は非常に重要なプロセスであると言えます。

治験を実施する場合、被験者はボランティアの中から選ばれます。募集は医療関連企業や試験機関のホームページ、専門の情報サイトなどを通じて行われ、年齢・体格・持病の有無など指定された条件に合致した人の中から本人の同意を得た上で参加者が決まります。実施の方法は大きく分けて通院タイプと入院タイプの2種類があります。

前者は薬をもらって自宅で使用し、定期的に通院して各種の検査を受けます。後者の場合は、実施機関として指定された病院等に数日から数週間程度滞在し、入院生活の中で薬や医療機器を用いながら、やはり各種の検査を受けて体調の変化等をチェックします。いずれの場合もボランティア参加に対する謝礼が支払われることから、世間では「治験バイト」などと呼ばれることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *