医薬品を開発する時はその効果や安全性を確かめるためにさまざまな実験が繰り返されますが、最終的には発売後に病院などで使われるのと同じ環境下で実地に試してみる必要があります。

これを臨床試験といいますが、ヒトに対して投薬を行う臨床試験のうち、最終段階において行われるものを特に治験と呼びます。治験の目的は、医薬品として国の承認を受けるのに必要なデータを収集することです。そのため、被験者は承認後にその薬を使う可能性がある人々、つまり一般人の中から選ばれます。もちろん被験者になるかどうかは、本人の自由意志によって決められます。

インターネットや新聞広告などで告知される募集に応じ、年齢や性別、健康状態などの諸条件にパスし、かつ試験内容等の説明に十分納得・同意した場合にのみ参加することとなります。治験は医薬品の他にも、医療器具や健康食品などが公的な指定を受けようとする際にも行われることがあります。いずれも市場に出回る前の製品を試すわけですから、安全が100%保証されているわけではありません。

ただし安全性は治験より以前の研究・プロセスにおいて何度も検証されていますし、実施期間中は医師や看護師の指導監督下にあって継続的に健康状態をモニターされるので、万が一の場合でも迅速に対処する体制が整っています。参加は有償のボランティアという形になりますが、医療の発展に寄与するという点で非常に意義のある行為であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *