新しい薬を作る際に治験が行われますが、どのようなことをするのかを知っていますか。

単に新しい薬を試すだけではありません。いろいろなことを調べる必要があるので、参加すると検査が行われます。検査の内容はそれぞれ治験によっても違いがありますが、複数の検査を行うと思った方が良いでしょう。血液検査を行ったり、尿検査を行ったりとさまざまです。問診を行って、実際に薬を使ってみてどのようなことを感じたのかを聞かれることもあります。もしも、異変があった際には問診の時にいろいろと聞いてみてください。

お医者さんが話を聞いてくれますから、安心してなんでも言いましょう。治療が必要になればすぐに治療してもらえます。内服薬だけではなく外用薬の治験が行われることももちろんあります。外用薬を使ったところをお医者さんが目で見て確認することだけではなく、外用薬を使う前と使った後の写真を撮るなどするはずです。使用前と実際に使用したことで何か違いがあったのかを記録することもあります。

治験の内容によっても検査内容に違いがありますから、一概に何をするのかは言い切れません。薬を指示通りに使うことで、どのような変化が体に起こるのかを調べますからそのことを頭に入れた上で参加しましょう。参加してみて不安になった場合は、それをお医者さんやコーディネーターなど誰でも良いので相談してください。やめてくなったらいつでもやめられますから、安心して参加できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *