新薬開発の役に立てればと思っている人もいれば、良いお小遣いになるから参加したいなど治験に興味を持っている人はさまざまです。

いろいろな新薬が開発されていますから、調べると募集を見つけることができるはずです。病気を持っている人が対象の場合もあれば、健康な人を対象にしている場合もあります。この時点ですでに、希望者が全員参加できないことがわかります。しかし、これだけではありません。自分がその治験に参加できるかどうかを判断するために検査を受けることもあります。

血液検査やそれぞれの新薬にとって必要な検査を受けます。その結果、該当するかどうかによって参加できるのかできないのかが最終的に決まるのです。興味があって治験を受けられると判断されれば、そのまま受けることができます。ただし、人気がある場合は定員オーバーになっていることもあります。また、複数箇所の医療機関で募集している場合は、どこを利用するのかも問題です。

自分が希望している医療機関が満杯になっているために、参加を断念することもあるでしょう。このように、参加したいと手を挙げればすぐに参加できるわけではありません。自分が募集されている条件に合致していないといけません。病気を患っていたとしても、条件に合っていないと参加できないこともあります。花粉症だから、花粉症の治験に参加できるだろうと思ったけれどいろいろな理由で参加できないこともあるので、それを頭に入れた上で考えてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *