医療現場で使用されたりドラッグストアで販売されたりする医薬品は、国の承認を受けなくては流通させることができません。

そしてその承認を受けるには、事前に効果や副作用のリスクなどについて試験を行い、そのデータを提出しなければならないとされています。この、医薬品の研究開発に伴う臨床試験のことを、治験といいます。医薬品の他にも、健康食品が特定保健用食品などの公的な認証を受ける際にも行われることがあります。臨床試験は、薬品等を実際にヒトに対して使用し、効能などを調べる試験です。

治験では被験者あるいはモニターなどと呼ばれるこの参加者は、製薬会社の広告などによって募集され、年齢や病歴などの各種条件を満たす人が選抜され、参加への最終的な意思確認を経た後で試験に臨みます。試験の方法は数日間の入院中に薬を投与しながら各種検査を受けるものから、通常の生活を送りながら数か月間にわたって自ら薬を用い、定期的に通院して健康診断を受けるものまでさまざまです。

治験への参加は、特定の病気に罹患している人にとっては症状の改善や治癒につながるかも知れない新薬を市場に出回るよりも早く試せるという利点があります。健康食品の場合でも、参加することでダイエットを実現したり、健康を増進させたりすることができるかも知れません。もちろん、新しい製品が世に出るのを促すことで、同じ悩みを抱えている人たちの助けになるという社会貢献も果たすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *