医薬品は人間の健康を回復・増進させるのに大きな貢献を果たしている工業製品ですが、同時に副作用などのリスクも併せ持っています。

そのため、製品が市場に出るまでにはその効能や安全性を確かめるために何度も試験や実験を繰り返します。試験管レベルでの簡単な実験に始まり、動物実験や臨床試験などそのプロセスは何段階にもわたりますが、その最終段階に当たるのが治験です。医薬品が世に出るためには、国の承認を受ける必要があります。治験は、その承認申請に必要なデータを集めるための臨床試験です。

一般募集された被験者に開発中の薬品を投与し、健康状態の変化などを観察・記録します。その方法はいろいろで、被験者が自宅に薬を持ち帰って自ら投与し、定期的に通院して健康診断を受ける場合もあれば、治験の実施を委託された病院などに一定期間入院し、服薬管理とモニタリングを受けるケースもあります。それ以前に安全性を何度も検証されているとはいえ、開発途上の薬品を使用するため、治験にはそれなりのリスクがあります。

そのため、万が一の場合に備えて、医師や看護師など監督する中で実施されるのが一般的です。その一方で、何らかの病気に悩む人にとっては、治験に参加することはまだ世に出回っていない新薬をいち早く試すことができるというメリットもあります。もちろん、自分が参加することで多くの人の命を救う薬を生み出す助けになるかも知れないという、社会的意義を見出すこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *