日本では、新しい薬は国の認証がないと販売できない制度になっていて、新しい薬が多くの患者に使われるようになるには、事前に人を使って十分な効き目と副作用などを確かめる事が必要です。

そして薬候補の有効性ですとか安全性を確かめて臨床試験をデータ化する事が治験です。国に薬として認可をもらうために人を対象とした数々の臨床試験を経て現在の薬は販売されています。

誰でも参加できるわけではなく、いくつかの検査や既往症などの決められた基準をクリアにした健康な人を対象にして行われます。大型の病院などで募集されている場合や、求人で参加者を募る場合などがあり厚生労働省のホームページにも治験のページがあります。協力金や臨床試験の費用から交通費などは依頼者である製薬会社が負担するケースがほとんどです。

先進国では治験の設備が整備されていて、治験専用の施設もあり専門医が担当してくれます。参加者にとっては、協力金をもらえるだけではなく社会的にも貢献できる喜びがあり、他には出来ない最新の医療を受ける事で現在の病気を改善出来る可能性もメリットとしてあります。治験は薬候補の安全性を詳しく調べてデータ化するために、通常の検査や治療よりも回数や項目が増えていて、どちらかというと研究目的の意味あいが強いため様々な制約もあります。副作用が出た場合などは、途中で中止する場合もあり速やかに適切な対応が出来るようになっていて安心できる仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *