治験は新薬の有効性や安全性を確かめる臨床試験のことです。

この定義を説明するにあたり、まず治験とモニター試験があることとそれぞれの違いを理解してください。前者は国が認めた薬におけるもの、後者は認められていないものです。特定保健用食品は後者になります。

その病気を治したり進行を遅らせたり、また痛みを軽減する成分を探して薬にしなければなりません。草木や虫に効果を期待できる成分が含まれていることもあります。候補になる成分が見つかったら、人間に近い動物を使ったりして効果が得られるか、重い副作用が生じないか調べます。問題なければ治験を行います。

治験には第1相、第2相、第3相試験と3つあります。第1相試験では健康な人を対象として体に吸収されるか、代謝されるか、どう分布するかなどを調べます。どうして健康な人を対象とするかと言えば薬以外の要素が均一だからです。持病があってその薬を飲んでいる人に副作用が生じた場合、新薬とその薬のどちらの影響か分かりません。第2相試験に関しては新薬が必要な患者さんを対象とします。どのタイミングでどれくらいの量を服薬すれば最も効果的か、また副作用が少ないか調べる目的です。第3相試験は第1相と第2相試験で得たデータからどれほど効果が高いかチェックするために行います。この試験では対照薬やプラセボ薬も用います。リスクはそれほど高くないですし、治験ボランティアをしてみるのもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *